2015年10月04日

第220回 すみれの花咲く頃


フランツ・デーレ(1928年)

男でさえ一度見たらその不思議な世界に引き込まれそうになる(?)宝塚の歌劇ですが、そのテーマソングのようになっているこの曲を演ってみます。

もともとはドイツで作られた曲で、その後フランスでシャンソン化され、そして日本に伝わってきたものなのだそうです。知りませんでした。てっきり宝塚の歌だと思っていました。

この曲、いろいろな編曲がありますが、サビから入るバージョンを、コーラス(Roland SC88-Proにデフォルトで入っている「Choir Aahs」と「Voice Oohs」)をメインで演ってみます。伴奏にはスチールギター、ベース、ピアノ、フルート、ヴァイオリン、そしてドラムセットなどを使います。

pompei.jpg
ポンペイの遺跡


posted by KenG at 17:41| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね。完成が楽しみです。
Posted by Tar Mfn at 2015年10月05日 00:48
Tsr Mfnさん、ありがとうございます。
Posted by Ken-G at 2015年10月05日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。