2015年10月14日

第225回 赤いサラファン


アレクサンドル・エゴロヴィチ・ヴァルラーモフ(1834年)

あのロシアの歌「赤いサラファン」を男性3部合唱で演ってみます。サラファンとはロシアの民族衣装とのこと。そしてこの曲は、結婚に乗り気でない娘とそれを諭す母親との会話により成り立っているのだそうです。ロシアでは今でも歌い継がれているとか。

やはり伴奏なしのですが、これは教会音楽ではなさそうですので、アカペラ(in church)とは言わないのでしょうね。なんと言うのでしょうか。

写真は全く関係ありませんが、インドで撮った写真の中でとても印象的でしたので。

sakamichi.jpg
ニューデリーにて


posted by KenG at 19:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。