2016年02月16日

第236回 無法松の一生(度胸千両入り)


古賀政男(1981年)

歌は村田英雄のがやはり一番いいですが、島津亜矢さんもいいですね。耳コピーで演ってみます。

主旋律は引き続きサキソフォンで。ドラムセットは使わずに和太鼓で。聴きどころは、和太鼓と三味線に洋楽器のサキソフォンがうまくコラボしているかどうかなんですが・・・・・。

和太鼓の「乱れうち(暴れうち?)」を入れているバージョンをがあり、MIDIでそれを演ってみたいのですが、ちょっと大変そうなのでまたの機会にします。

映画は、第19回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した、三船敏郎主演の1958年版がいいですね。

Matsugorou.jpg
富島松五郎(1958年版)


posted by KenG at 01:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。