2016年09月06日

第250回 ボギー大佐


ケネス・ジョゼフ・アルフォード(1914年)

今度はイギリスの行進曲です。ウィキペディアによると「ボギー」とは人の名前ではなく、ゴルフでボギーばかり叩く人がいて、あだ名が「カーネル・ボギー」であったことから「ボギー大佐」になったとのことです。てっきり名前かと思っていました。少し編曲された「クワイ河マーチ」のほうが一般には知られているのかも知れません。

演ってみたら、途中のブラス系のメロディーが昔から知っていたのと違っていて、ちょっと違和感がありました。昔、ブラスバンドで演ったのはどうも「クワイ河マーチ」のほうだったようです。でも演っているうちに、こちらのほうも悪くはないと思うようになりました。そのうちクワイ河・・のほうも演ってみたいです。

Holmes.jpg
ロンドン・ベイカーストリート


posted by KenG at 19:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。