2016年11月17日

第254回 碧空


バルナバス・フォン・ゲッツィ(1897-1971)

やっとタンゴにたどり着きました。まずはコンチネンタル・タンゴの傑作「碧空」を演ってみます。普通、主題はオーボエで出るものと思いますが、なんかバスーンのほうがしっくりくるような気がするので、とりあえずバスーンで演ってみます。

また今回初めてバンドネオンを使ってみました。バンドネオンはアルゼンチンタンゴで使われ、アコーディオンはコンチネンタルタンゴで使われると言いますが、違いを聴き分けるのは難しそうです・・・。

耳コピーするために、繰り返し聴いて参考にしている演奏はもちろん、アルフレッド・ハウゼ楽団です。

実は以前にもタンゴに挑戦したことがあり、15号館・第152回で「オレ・グァッパ」を演ってしていますので、こちらも聴いてください。

写真は10月に、母と姉の3人で、地元の農協観光の団体バス旅行に参加して信州へ旅行した時のものです。Ken-Gが66歳、母が89歳、姉が69歳で、3人ともまだまだ元気です。母さえ元気なら毎年3人でバス旅行に参加したいと思っています。

団体写真.jpg
上田城跡公園。下の左から4番目と5番目が姉と母、最上段の左端がKen-Gです。

親子3人.jpg
新穂高ロープウェイの頂上。左からKen-G、母、姉です。


posted by KenG at 01:43| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良いですね〜。
Posted by Tmfn at 2016年12月17日 12:37
ありがとうございますm(_ _)m。
Posted by ken-G at 2016年12月17日 12:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。